レーザー脱毛の前後のケア

レーザー脱毛は、少し以前まではかなり痛いものと言われてきました。実際、レーザー脱毛を受けたあと、レーザーそのものというより施術による痛みが長引いてしまったというトラブル例も過去には何件か報告されていたようです。ですが、現在ではレーザー脱毛技術はだいぶ進歩しており、痛みをほとんど感じることなく脱毛を行うことができるようになっています。
レーザー脱毛では、主に「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」という方法が用いられています。アレキサンドライトレーザーは、現在最も脱毛効果の高いレーザー脱毛方法として知られていますが、この照射によって受ける痛みは輪ゴムで弾く程度のものと言われています。ダイオードレーザーでは、針でちくちくと刺すくらいと言われているので、耐え難い痛みとなることはないようです。
レーザー脱毛を受けるときには、その前後に肌ケアをしておくことも大切です。レーザー脱毛は痛みが少なくなったとはいえ、肌にダメージを与えるものなので、その前後においてはできるだけ肌や健康状態を整えておいた方がよいでしょう。
レーザー脱毛を受けた直後の注意点として、「紫外線対策をする」「保湿を心がける」「やけどやかゆみといった症状が出た場合には、我慢をせずに医師に相談をする」といったものがあります。レーザー脱毛を行った翌日あたりは、一時的に肌が乾いた状態になるので、水分不足からシミやしわを招きやすく、傷みやすいデリケートな肌質になってしまいます。