プチ豊胸と持続期間について

プチ豊胸とは、手軽に安価にできるバストアップ方法として最近多くの美容関連書籍やメディアなどで取り上げられるようになってきました。これまでバストアップを希望するときは大小にかかわらず手術をしなくてはいけませんでしたが、プチ豊胸の場合ヒアルロン酸を外部から注射のようにして注入するだけですむので、安全で素早く施術を行うことができます。
プチ豊胸ではヒアルロン酸が用いられますが、このヒアルロン酸はもともと、しわ取りや顔のプチ整形等でもよく使われています。そのヒアルロン酸の中でも、プチ豊胸用に研究・開発されるようになったのが「SUB-Q(サブキュー)」です。SUB-Qはひとつひとつの分子が大きく、そのため豊胸目的で人体に注入したときの持続効果もこれまでのヒアルロン酸に比べてかなり長期になるという特徴があります。
普通、ヒアルロン酸注入法によってプチ豊胸をした場合の持続期間は、多少の個人差はあるものの、おおむね半年~1年程度と言われていました。そこでSUB-Qを用いた施術をした場合、約2~3年以上の持続が期待できるいわれています。プチ豊胸は、現在のバストよりも1カップくらいのバストアップがしたい人や、加齢や出産でバストが小さく縮んでしまった人におすすめのバストアップ方法なのです。
プチ豊胸は現在でも数多くの美容クリニックで施術が取り扱われています。ニーズにあわせ、今後もより一層増えてゆくことが予想されます。